野菜ジュース

MENU

42歳 私が野菜ジュースを選ぶポイント

砂糖・食塩・甘味料等が無添加である物を選ぶようにしています。

 

なるべく素材そのもののよさで作られている物を選ぶようにしています。

野菜ジュースを飲むようになって思う事

現代人の野菜不足は非常に深刻であり、全ての年代において、1日の摂取推奨量には届かないといわれています。

 

台風や災害等により野菜の高騰化も目立ち、新鮮な野菜を毎日用意するのは正直とても難しいです。

 

出来るだけ野菜を取りたいとは思っても、忙しい毎日の中で食べ物からだけで多くを摂取するのには限界があります。

 

特に小さい子供は苦手な野菜も多く、どうしても栄養価の面で心配が多いです。

 

市販のジュースには糖分等が多く含まれていると聞いた事があるので、購入する際にはなるべく砂糖・食塩無添加と書かれている物を選ぶようにしています。

 

更に最近気を付けているのが甘味料です。

 

成分表示を見ると、「カロリー控えめ」とか「カロリーOFF」と表示されている物には、大抵甘味料が入っています。

 

以前はそれほど気にしていなかったのですが、この甘味料には発がん性物質が含まれていると聞いた事があり、それ以降は怖くてなるべく入っている物は買わないようにしています。

 

野菜ジュースは、日頃の野菜不足を手軽に補える有効なものであるので、なるべく率先して取り入れたいですが、その分無添加にこだわりたいと考えています。

サンスターの「緑でサラナ」を見て思うこと

サンスターから出ている「緑でサラナ」は、コレステロールを下げる野菜の力(SMCS)が含まれている唯一の特定保健用食品です。

 

これまでコレステロールの数値については特に気にかけたことがありませんでしたが、私もちょうど40代に入りそろそろ気にした方がいい年齢という事もあり、少し興味を持ちました。

 

また8種類の青野菜と、2種類の果物により手軽に野菜不足が補える点もとてもいいと思います。

 

更に組み合わせという面でもよく考えられているようで、効率的にバランスのいい栄養摂取が出来る点はとても信頼出来ると感じました。

 

そして私が最も普段気にしている、砂糖不使用・食塩不使用・香料不使用・保存料無添加という余計なものを加えない点でもとても良いと感じました。

 

販売実績が1億本も突破しているのもよくわかるなと思います。

 

年齢を重ねると、どうしても身体は無理がきかなくなり、若い頃には全然気にならなかったようなところにまで色々な症状が出てきます。

 

長生き時代だからこそ、健康で元気に毎日を過ごす為に、是非とも取り入れていきたい野菜ジュースだなと感じました。